高校野球夏の甲子園8日目

高校野球夏の甲子園8日目の結果です。

1試合目 いなべ総合7-2山梨学院

山梨学院
いなべ総合
【山】 吉松、栗尾―五十嵐
【い】 赤木、山内―渡辺雄

2-2で迎えた8回、いなべ総合は1死3塁から4番藤井選手の右越えタイムリー
二塁打で勝ち越すと、さらに2死満塁と攻め、8番藤田選手のセンター前ヒット、
9番山内選手の走者一掃の左越え2塁打で一挙5点を奪い試合を決めました。
投手陣も赤木投手、山内投手の継投で後半の再三のピンチを切り抜けました。

スポンサードリンク

2試合目 常総学院8-3中京

常総学院
中京
【常】 鈴木昭、倉田―清水
【中】 古田、小鶴、岩川、岡本、高野―水谷、西脇

常総学院が2点を先制されるも3回に追いつき、2番有村選手のセーフティー
スクイズで勝ち越し。その後もそつのない攻めで中京の投手陣から小刻みに点
を加えリードを広げました。プロ注目左腕・鈴木昭投手は2回以降に立ち
直って8回3失点におさえました。4回には花輪三塁手がファールフライ
をカメラマン席に飛び込みながらキャッチするなど好守備も光りました。
中京は高校通算68本塁打の今井選手がこの試合内野安打1本でした。

3試合目 東邦10-9八戸学院光星

八戸学院光星
東邦 10
【八】 和田、戸田、桜井―奥村
【東】 藤嶋、松山―高木
本塁打  花岡(八)

試合は八戸学院光星が序盤から東邦・藤嶋投手を攻略、5回には5番花岡選手がセンター
へ2ランホームランを放つなど7回表まで9-2とリードし完全に試合の主導権を
握っていましたが、終盤に東邦が怒涛の反撃を見せました。7回、8回で3点を返し
9-5で迎えた9回裏、東邦は先頭・鈴木光選手がレフト前ヒットで出塁すると2本の
タイムリーで2点を返し、さらに2死1、2塁から7番高木選手の左中間への2点二塁打
で同点。続く8番鈴木理選手のレフト前ヒットで逆転サヨナラ勝ちをおさめました。
最終回、甲子園の大観衆の応援に後押しされた東邦が「甲子園の魔物」を味方につけ、
劇的勝利をおさめました。

4試合目 履正社5-1横浜

横浜
履正社
【横】 石川、藤平―徳田、福永
【履】 寺島―井町
本塁打  山本(履)

東西横綱対決が2回戦で早くも実現。履正社はエース・寺島投手、横浜は左打者の多い
履正社打線に対して左の石川投手が先発しました。試合は横浜が初回に先頭戸堀選手が
内野安打で出塁すると、4番村田選手の犠牲フライで先制。追う履正社は雷雨で2度
の中断があった2回、ランナー2人を置いて8番山本選手が内に入ってきた速球を
振りぬきレフトで特大の逆転3ラン。さらに2度目の中断のあと、代わったエース
藤平投手から2番北野選手が内側真っ直ぐをうまく打ってライト線へ2点二塁打で5-1。
その後は両エースが好投。寺島投手がインコース高めへの威力のある直球やキレのある
変化球などで横浜打線をほとんど寄せ付けず6安打で完投勝利をおさめました。横浜・
藤平投手も6回1/3を投げ4安打におさえる好投でした。点差こそつきましたが、非常
に見応えのある投手戦でした。

9日目の試合

市和歌山 VS 日南学園
樟南 VS 花咲徳栄
広島新庄 VS 富山第一

スポンサードリンク