第47回明治神宮野球大会(高校の部)

出場校 11日(1回戦) 12日(準々決勝) 13日(準々決勝) 14日(準決勝) 15日(決勝)

明治神宮外苑創建九十年記念 第四十七回明治神宮野球大会

主催 明治神宮、日本学生野球協会

明治神宮野球場 11月11日(金)~16日(水)

秋季大会全国10地区の優勝校が参加して秋の日本一を争う明治神宮野球大会
の高校の部は11月11日(金)から15日(火)にかけて行なわれます。

高校の部出場校

北海道地区 札幌第一 北海道 2年連続2回目
東北地区 仙台育英 宮城 2年ぶり6回目
関東地区 作新学院 栃木 41年ぶり2回目
東京地区 早稲田実 東京 11年ぶり7回目
北信越地区 福井工大福井 福井 初出場
東海地区 静岡 静岡 2年ぶり3回目
近畿地区 履正社 大阪 11年ぶり2回目
中国地区 宇部鴻城 山口 2年ぶり2回目
四国地区 明徳義塾 高知 6年ぶり6回目
九州地区 福岡大大濠 福岡 初出場

スポンサードリンク

高校の部組み合わせ 11日変更

静岡(東海地区代表) 12日08:30 14日10:30 15日10:30
早稲田実(東京地区代表)
福岡大大濠(九州地区代表) 13日08:30
作新学院(関東地区代表) 11日11:00
明徳義塾(四国地区代表)
履正社(近畿地区代表) 11日13:30 13日11:00 14日13:00
仙台育英(東北地区代表)
福井工大福井(北信越地区代表)
札幌第一(北海道地区代表) 12日11:00
宇部鴻城(中国地区代表)

明治神宮野球大会 歴代優勝校(高校の部は第4回からスタート)

1973年 若狭 北信越・福井
1974年 福井商 北信越・福井
1975年 徳島商 四国・徳島
1976年 早稲田実 東京
1977年 東北 東北・宮城
1978年 柳川商 九州・福岡
10 1979年 東海大三 北信越・長野
11 1980年 星稜 北信越・石川
12 1981年 明徳 四国・高知
13 1982年 東北 東北・宮城
14 1983年 岩倉 東京
15 1984年 国学院久我山 東京
16 1985年 松商学園 北信越・長野
17 1986年 帝京 東京
18 1987年 堀越 東京
19 1988年 (昭和天皇御不例のため中止)
20 1989年 東北 東北・宮城
21 1990年 国士舘 東京
22 1991年 星稜 北信越・石川
23 1992年 世田谷学園 東京
24 1993年 東北 東北・宮城
25 1994年 創価 東京
26 1995年 帝京 東京
27 1996年 上宮 近畿・大阪
28 1997年 横浜 関東・神奈川
29 1998年 日南学園 九州・宮崎
30 1999年 四日市工 東海・三重
31 2000年 東福岡 九州・福岡
32 2001年 報徳学園 近畿・兵庫
33 2002年 中京 東海・岐阜
34 2003年 愛工大名電 東海・愛知
35 2004年 柳ヶ浦 九州・大分
36 2005年 駒大苫小牧 北海道
37 2006年 高知 四国・高知
38 2007年 常葉菊川 東海・静岡
39 2008年 慶応 関東・神奈川
40 2009年 大垣日大 東海・岐阜
41 2010年 日大三 東京
42 2011年 光星学院 東北・青森
43 2012年 仙台育英 東北・宮城
44 2013年 沖縄尚学 九州・沖縄
45 2014年 仙台育英 東北・宮城
46 2015年 高松商 四国・香川

スポンサードリンク