高校野球秋季大会11月3日の結果

高校野球秋季大会11月3日の結果です。東京大会は早稲田実が優勝。選抜出場を確実
にしました。近畿では神戸国際大付と履正社が決勝進出です。東京決勝は早稲田実と
日大三の対決はシーソーゲームとなりました。失策がらみで1点を先制された早稲田実
は2回に同点に追いつくと、4回に3点を勝ち越し。直後の5回表に日大三はプロ注目
金成選手の3ランで同点。9回表に日大三が金成選手の3塁打で2点を勝ち越しますが
、その裏に早稲田実がバッテリーエラーで同点とすると、4番・野村選手がライトへ
サヨナラの2ランを放ち決着しました。注目の清宮選手は日大三左腕・桜井投手の
スライダーに苦戦し5打席連続三振を喫しました。

近畿準決勝、神戸国際大付と大阪桐蔭の試合は9回、1点を追う神戸国際大付が代打の
谷口選手のソロホームランで同点に追いつくと、その後片岡選手の決勝2ランが飛び出し
5-3で大阪桐蔭に競り勝ちました。2試合目は履正社が滋賀学園を6-3で破り
決勝進出です。履正社は3番安田選手がライト線2塁打タイムリー、4番若林選手が決勝
3ランと来年のドラフト候補選手が活躍しました。

東京

▽決勝
日大三_100 030 002=6
早稲田実010 300 004=8

早稲田実は11年ぶり10回目の優勝

近畿

▽準決勝
神戸国際大付200 000 003=5
大阪桐蔭__010 001 010=3

履正社_001 040 100=6
滋賀学園000 200 001=3

スポンサードリンク