高校野球秋季大会11月5日の結果

高校野球秋季大会11月5日の結果です。近畿大会決勝は履正社が神戸国際大付を
破って11年ぶり2回目の優勝を決めました。履正社は3回に押し出し四球で先制
すると、7回は来秋ドラフト1位候補の安田選手が出塁すると、暴投や片山選手の
2ランホームランなどで4点を追加。さらには8回は若林選手の2ランも飛び出し
神戸国際大付を突き離しました。
中国大会準決勝は宇部鴻城と市呉が勝って決勝進出です。宇部鴻城は創志学園に
逆転勝ち。左腕エース・早稲田投手が最終回のピンチを切り抜けました。市呉は
3回に2点を先制すると、4回には打者10人の猛攻で4点を奪い試合の主導権
を握り、左腕エース・池田投手が後半の鳥取城北の反撃を3点におさえました。
決勝進出の2校は甲子園が確実になりました。

近畿

▽決勝
履正社___001 000 421=8
神戸国際大付000 000 002=2

履正社は11年ぶり2回目の優勝

中国

▽準決勝
宇部鴻城000 003 000=3
創志学園100 000 001=2

市呉__002 400 000=6
鳥取城北000 000 021=3

スポンサードリンク