明治神宮野球大会(高校の部)11日

出場校 11日(1回戦) 12日(準々決勝) 13日(準々決勝) 14日(準決勝) 15日(決勝)

秋季大会各地区で優勝した10校で秋の日本一を争う明治神宮大会(高校の部)
が開幕しました。神宮大会で優勝した学校の地区には「神宮枠」として選抜
甲子園の出場枠が1校増えることになっています。

明治神宮野球大会(高校の部)11日 1回戦

作新学院
明徳義塾
【明】 北本―筒井
【作】 大関、篠原―加藤
[本] 今井(明)

夏の甲子園ベスト4の再戦は明徳義塾の快勝です。明徳義塾は4回、3番今井選手
の左越えソロホームランで先制し、その後下位打線の連続タイムリーなどで一挙
5点。直後の5回に作新学院は8番七井選手のタイムリーで2点を返します。
3点リードの明徳義塾は8回、7番近本選手のヒットで2点を追加しダメ押し。
エース北本投手が作新学院打線を2失点におさえて完投しました。

履正社
仙台育英
【履】 竹田―片山
【仙】 長谷川、佐藤、加藤、佐川、西巻―尾崎、渡部

履正社が2回に松原選手のタイムリーで先制すると、6回にも松原選手の3塁打で
2点を追加。7回にはエラーと4番若林選手のヒットで2点を追加し5-0と
リードを広げます。エース竹田投手は6回まで1安打無得点の好投で、7回に
1点返されるものの完投で仙台育英打線を1点に抑えました。

スポンサードリンク