明治神宮野球大会(高校の部)12日

出場校 11日(1回戦) 12日(準々決勝) 13日(準々決勝) 14日(準決勝) 15日(決勝)

明治神宮野球大会(高校の部)12日 準々決勝

静岡
早稲田実
【静】 池谷―森
【早】 池田、服部、赤嶺―雪山

1回表に静岡が5番小柳選手のタイムリーで1点を先制すると、その裏
早稲田実は押し出しで同点。3-3の同点で迎えた7回、早稲田実は中盤
以降安定感を取り戻した静岡の左腕・池谷投手を攻め、3番清宮選手の右翼
フェンス直撃の単打などで2死一三塁のチャンスを作ると5番の小西選手
の左越え3塁打で勝ち越し。3投手の継投で静岡の反撃を断ち5-3で
早稲田実が準決勝進出です。

宇部鴻城
札幌第一
【宇】 早稲田、荒武―正木
【札】 冨樫、前田―西村

宇部鴻城は1回表に1番の古谷選手のライトへの2塁打などで先制。札幌第一
もすぐさま反撃し6番佐藤選手のタイムリーで同点。2、3回で宇部鴻城
は相手ミスにも乗じて4点を奪うも札幌第一も3回裏に7番岡選手の2塁打
などで1点差に迫り、4回には内野ゴロで同点に追いつきました。同点で
迎えた9回裏、札幌第一が6番佐藤選手の中越えサヨナラヒットで決着
が突きました。

スポンサードリンク