選抜決勝は史上初大阪対決

第89回選抜高校野球大会は履正社と大阪桐蔭が勝ち進み、決勝は大会史上初となる
大阪勢同士の対決となりました。両校が大阪府勢選抜10回目の優勝をかけて戦います。
両校は現チームになってからは昨秋の大阪府大会準決勝で対戦しており、その時は
履正社のプロ注目スラッガー・安田選手が大阪桐蔭のエース徳山投手の内角をとらえ
ライトオーバーの3ランを放ちました。試合は履正社が7-4で勝っています。
今回は雨で1日順延になりました。両チームエース頼みの部分があるだけに恵みの
雨でした。打線では履正社の4番若林選手、大阪桐蔭では1、2番の復調がカギを握り
そうです。

履正社 準決勝までの成績

1回戦 12-5 日大三
2回戦 1-0 市呉
準々決勝 8-1 盛岡大付
準決勝 6-4 報徳学園

打撃成績

4試合 132打数 38安打 2本塁打 23打点 24三振
25四死数 13犠打飛 0盗塁 1失策 .288打率 <本塁打>石田、安田

投手成績

竹田 33投球回 8自責点 2.18防御率
松井 3投球回 1自責点 3.00防御率

大阪桐蔭 準決勝までの成績

1回戦 11-0 宇部鴻城
2回戦 11-8 静岡
準々決勝 4-2 東海大福岡
準決勝 2-1 秀岳館

打撃成績

4試合 137打数 41安打 1本塁打 24打点 28三振
10四死数 11犠打飛 7盗塁 3失策 .299打率 <本塁打>山田

投手成績

徳山 31投球回 4自責点 1.16防御率
根尾 2投球回 0自責点 0.00防御率
香川 1 2/3投球回 1自責点 5.40防御率
柿木 1投球回 0自責点 0.00防御率
横川 1/3投球回 4自責点 108.00防御率

スポンサードリンク