高校野球春季大会6月3日の結果

高校野球春季大会6月3日は北信越大会、中国大会が新たに開幕です。北海道大会
は休養日で準決勝は4日に行われます。北信越大会1回戦は啓新、星稜などが勝って
ベスト8進出です。啓新のプロ注目最速152キロ右腕の牧丈一郎投手は初戦では
最速148キロ7回を5安打8奪三振無失点の好投でした。

スポンサードリンク

近畿大会では準決勝2試合が行われ、東海大仰星、大阪桐蔭が勝って決勝進出です。
東海大仰星は背番号11の2年生右腕・河内投手が大体大浪商打線を5安打完封、
チーム初の決勝へ導きました。大阪桐蔭は彦根東に苦戦するも9回2本の犠打で
逆転勝ちをおさめました。中国大会は宇部鴻城、広島新庄、創志学園、鳥取城北
がそれぞれ開催地・島根のチームに勝って準決勝進出です。

北海道大会

準決勝 4日

北信越大会

▽1回戦
啓新__002 120 04=9
関根学園000 000 00=0
【啓】 牧、藤原―喜屋武
【関】 西本、碓井、平野―藤沢

星稜__120 400 0=7
新潟明訓000 000 0=0
【星】 竹谷、奥川、河村―川岸、西岡
【新】 大藪、荘司―高橋、加賀谷

中越_030 201 000=6
砺波工100 201 000=4
【中】 山本、沢中、山田―小鷹
【砺】 北野、藤沢―藤沢、平木

福井工大福井001 000 100=2
東海大諏訪_000 020 10X=3
【福】 氏家―島谷
【東】 宮本―池田

近畿大会

▽準決勝
大体大浪商000 000 000=0
東海大仰星011 000 10X=3 
【浪】 田村、立石―谷口、小坂
【東】 河内―津沢

大阪桐蔭100 000 102=4
彦根東_000 030 000=3
【大】 横川、吉峰、柿木―岩本、福井
【彦】 原功、松井、増居―條野

中国大会

▽1回戦
宇部鴻城300 000 221=8
浜田__000 000 200=2
【宇】 早稲田、木下―正木
【浜】 重川―大谷

石見智翠館002 001 000=3
広島新庄_000 440 00X=8
【石】 安藤、亀川、小立―中尾
【広】 有村、竹辺―沖政

大社__000 010=1
創志学園404 012=11
【大】 長岡、山本―尾原
【創】 難波―藤原
[本] 金山、難波(創)

鳥取城北100 101 003=6
益田東_001 010 101=4
【鳥】 黒木、福本―中嶋悠、小底
【益】 松田、中北、前田―大浦

2017年度春季大会

愛知招待試合

中京大中京211 022 602=16
早稲田実_910 000 313=17
【早】 今井、池田、石井、野村―野村、小野寺
【中】 香村、伊藤、磯村―関岡
[本] 鵜飼2、鈴村(中)、清宮2(早)
早稲田実・清宮選手2ホームランで高校通算98号。中京大中京・鵜飼選手2ホームランで高校通算53号

桜丘__012 011 110=7
早稲田実000 002 030=5
【早】 赤嶺、東海林、服部―雪山、野村
【桜】 原悠―小柳津
[本] 清宮、小西(早)
早稲田実・清宮選手ホームラン・高校通算99号。100号へ王手。

スポンサードリンク