高校野球春季大会6月3日の結果

高校野球春季大会6月3日の結果です。北海道大会は札幌第一が28年ぶり2回目の優勝
を果たしました。北信越大会は星稜、高岡商、佐久長聖、日本文理が準決勝進出。選抜
決勝の再戦となった近畿大会決勝は大阪桐蔭が勝って2年連続5回目の優勝です。中国
大会は広島新庄と下関国際が決勝進出です。

北海道大会

▽決勝
札幌日大000 000 000=0
札幌第一103 003 04X=11
【日】 佐藤翔、石井、館―佐藤宏
【一】 近藤、向井―村田
<本塁打>柴田(一)

札幌第一は28年ぶり2回目の優勝

北信越大会

▽準々決勝
星稜__050 101 0=7
関根学園000 000 0=0
【星】 寺西、荻原―山瀬
【関】 西本、酒井―玉木
<本塁打>南保(星)

高岡商100 1030 0=14
金沢_000 240 0=6
【高】 山田、大島―筏
【金】 大筆、向井、辻本、中島―尾野

日本航空石川010 000 010=2
佐久長聖__000 100 101=3
【日】 杉本、大橋―井岡
【佐】 林―小山
<本塁打>小板(日)

坂井__001 010 000=2
日本文理300 000 00X=3
【坂】 帰山慎、嶋田―石川
【日】 鈴木、川野辺、新谷―佐藤旭

近畿大会

▽決勝
大阪桐蔭_000 200 010=3
智弁和歌山100 000 000=1
【大】 根尾―小泉
【智】 平田―東妻

大阪桐蔭は2年連続5回目の優勝

中国大会

▽準決勝
倉敷商_000 000 100=1
広島新庄000 000 12X=3
【倉】 小引、引地―福家
【広】 桑田、竹辺―木村

宇部鴻城200 000 000=2
下関国際200 000 20X=4
【宇】 油川―山本
【下】 吉村―品川

2018年度春季大会

スポンサードリンク