選抜高校野球大会引き分け再試合

27日(月)の2回戦で2試合連続引き分けという高校野球史に残る熱戦が繰り
広げられ、今日再試合2試合が行われました。大会は1日雨で中止、今回の
引き分けで2日日程が延長となったことにより、準々決勝後の休養日がなくなりました。
そのため今日勝った福岡大大濠と健大高崎は31日の決勝まで勝ち上がれば4連戦
となります。
現在の大会規定では延長15回までに決着がつかなければ引き分けになりますが、
かつては無制限に試合が行われていました。選抜での最長イニング記録は1934年
第11回大会の享栄商5-3徳山商の延長19回になります。

1958年(昭和33年)の春季四国大会決勝での延長25回の試合(高松商2-0徳島商)
があり、この年の夏の大会から延長18回引き分け再試合の規定が設けられました。
その後、1998年(平成10年)の夏の甲子園の横浜とPL学園の延長17回の死闘を
きっかけに2000年第72回の選抜から延長18回から15回に変更されました。

現在は選手の負担軽減(主に投手)を考えて春季大会では全国各地でタイブレーク
が導入されています。甲子園でのタイブレークは現在も継続で審議されており、
今後も負担軽減策についていろいろと高野連で議論されていくようです。

スポンサードリンク

選抜延長引き分け再試合

1962年(昭37年)第34回大会 準々決勝

八幡商
作新学院
作新学院
八幡商

2003年(平15年)第75回大会 準々決勝

花咲徳栄
東洋大姫路
花咲徳栄
東洋大姫路

2006年(平18年)第78回大会 2回戦

早稲田実
関西
早稲田実
関西

2008年(平20年)第80回大会 3回戦

平安
鹿児島工
鹿児島工
平安

2014年(平26年)第86回大会 2回戦

桐生第一
広島新庄
広島新庄
桐生第一

2017年(平29年)第89回大会 2回戦

福岡大大濠
滋賀学園
滋賀学園
福岡大大濠

福井工大福井
健大高崎
福井工大福井
健大高崎 10

スポンサードリンク