高校野球春季大会、大学野球選手権大会6月11日

6月11日高校野球春季大会は東北大会で準決勝、大学野球選手権大会で決勝が
行なわれました。東北大会は八戸学院光星と仙台育英が決勝進出です。

大学野球選手権大会は立大が国際武道大を9-2で降して59年ぶり4回目の
優勝を果たしました。
初回に1点を先制された立大はその裏一死満塁から5番山根選手が逆転の2点
タイムリーを放ち、さらに6番大東選手の3ランホームランなど一挙5点。
後半にも小刻みに得点を加え、投げては手塚投手、中川投手の継投で国際武道大
打線を8安打2失点におさえました。

■高校野球春季大会

東北大会

▽準決勝
八戸学院光星000 010 42=7
東日大昌平_000 000 00=0
【八】 成田―斉藤、瀬川
【東】 安斎、滝口―梨本

東北__201 200 000=5
仙台育英001 002 004=7
【東】 葛岡―阿部
【仙】 佐川―阿部、尾崎、渡部
[本] 植木(東)、杉山(仙)

2017年度春季大会

■大学野球選手権大会

立大は59年ぶり4回目の優勝

▽決勝
国際武道大101 000 000=2
立大___500 001 21X=9
【国】 伊藤将、林、青野、国本、高橋、平川―筒井、小田
【立】 手塚、中川―藤野
[本] 大東(立)

スポンサードリンク