選抜高校野球大会8日目の結果

選抜高校野球大会8日目の結果です。秀岳館、東海大福岡、大阪桐蔭が勝ってベスト8
進出です。ベスト8で秀岳館は明日の福井工大福井-健大高崎の勝者と対戦、東海大
福岡と大阪桐蔭が対戦します。

1試合目 秀岳館3-2作新学院

作新学院
秀岳館
【作】 大関―加藤
【秀】 田浦、川端―幸地、橋口

初回、作新学院が2番添田選手のレフト線への二塁打から内野ゴロ、暴投で1点を先制。
秀岳館は4回、6番田浦選手の三塁打など3本の長打で逆転。続く5回も1点を追加。
8回に作新学院は連続四球と3番池沢選手のタイムリーで1点を返しますが、9回の
チャンスであと一歩及ばず。秀岳館のリリーフの川端投手が満塁のピンチをしのいで
逃げ切りました。

2試合目 東海大福岡11-8早稲田実

早稲田実
東海大福岡 11
【早】 服部、池田、赤嶺、石井―雪山
【福】 安田―北川

1点を追う東海大福岡は3回、満塁のチャンスで4番遠藤選手のライトオーバーの3塁打
で3点を奪い逆転。6回にはバントをはさんで6連打の猛攻で一挙5点をあげ引き離し
ます。打撃力のある早稲田実も後半粘り8回に打者一巡の猛攻で3点。3番清宮選手の前
で相手攻撃を断ち切った東海大福岡はその裏にエラーがらみで貴重な2点をあげ、最終回
の早稲田実の反撃を3点で食い止め打撃戦を制しました。東海大福岡・安田投手は終盤
反撃されたものの注目打者の清宮選手に対し効果的にインハイを攻めるなど制球、度胸
の良さがこの試合でも光りました。

3試合目 大阪桐蔭11-8静岡

大阪桐蔭 11
静岡
【大】 横川、香川、徳山、根尾―福井
【静】 池谷、竹内―森

大阪桐蔭が初回1番藤原選手のヒットに始まって四球、野選、9番横川選手のレフトへの
2点タイムリーヒットなどで一挙に6点を先取すると、その裏すぐに静岡も反撃します。
四球、エラー、バントヒットで無死満塁とすると、4番成瀬選手の走者一掃の二塁打で
3点。さらに7番稲角選手の左中間二塁打などで6点をあげ同点に追いつきます。
2回に静岡が4番成瀬選手の二塁打と5番森選手のタイムリーで勝ち越すと、7回にも
1点を加え2点差とします。2点を追う大阪桐蔭は8回、3本のヒットと代打西島選手の
右越え三塁打で9-8と逆転。その裏静岡はチャンスをつかむもエンドラン(ランエンド
ヒット)失敗の併殺でチャンスを生かせず。ピンチをしのいだ大阪桐蔭は4番山本選手
と6番山田選手の二塁打など貴重な追加点をあげ激しい打ち合いの試合を制しました。

スポンサードリンク