高校野球夏の甲子園準決勝

高校野球夏の甲子園準決勝の結果です。

1試合目 作新学院10-2明徳義塾

作新学院 10
明徳義塾
【作】 今井、宇賀神、入江―鮎ケ瀬
【明】 中野、金津、林田―古賀
本塁打  西村(明)

作新学院が初回に失策、四球、5番藤野選手の右翼線の2塁打で2点を先制すると、
明徳義塾はその裏、1死一塁、3番西浦選手が右翼線に弾丸ライナーの打球を
放つもファール、その後得点は奪えず無得点。3回に作新学院が内野ゴロ併殺崩れ
と5番藤野選手の2塁打でさらに3点を加え5-0。明徳義塾は3回裏に2番西村
選手が左越え本塁打を打ち1点を返すと、4回には作新学院が9番今井選手の2塁打
などで3点を加え8-1とし大勢が決しました。作新学院は点差が開いたことも
あり、エース・今井投手は5回2失点で降板。宇賀神投手、入江投手へつなぎ
無失点に抑えました。

スポンサードリンク

作新学院は明徳義塾の3投手から3塁打1本、2塁打7本を含む計15安打10得点
で打ち勝ちました。明徳義塾は自慢の守備が4失策で前半に大量失点を喫しました。
「今井君は攻略した。球種は100%分かっていた」(明徳・馬淵監督)という打線
は10安打で今井投手からも5安打を打ち毎回走者を出しましたが、序盤で打ち崩せ
ず流れをつかめませんでした。

2試合目 北海4-3秀岳館

秀岳館
北海
【秀】 川端、中井、有村、田浦―九鬼
【北】 大西―佐藤大

優勝候補で順当に勝ち上がってきた秀岳館と、前評判は高くなかったものの、
エース・大西投手の力投で接戦、逆転で勝ち抜いてきた北海の対決。北海は
3回、制球が安定しない秀岳館の先発・川端投手を攻め2死2、3塁の
チャンスを作るとリリーフにあがった中井投手から8番大西選手が低め
の直球に食らいつき右中間2点3塁打で2点を先制すると、さらに9番鈴木
選手の内野安打で1点追加し3-0。さらに5回には1番小野選手のレフト
前タイムリーで1点追加。追う秀岳館は7回に暴投で1点、8回には4番
九鬼選手のヒットなどで1点差に迫るも最終回は北海の堅い守りに阻まれ
ました。北海の先発・大西投手はこの試合も緩急が冴えました。北海打線
はコンパクトに振りぬくスイングを徹底し、秀岳館の継投策に打ち勝ちました。

決勝は作新学院と北海の対決となりました。作新学院が勝てば史上初の春夏連覇
を達成した1962年のチーム以来の54年ぶりの優勝、北海が勝てば夏37回
目の出場で悲願の初優勝となります。明日の決勝は午後2時予定です。

決勝の試合

作新学院VS北海

スポンサードリンク