第92回選抜高校野球大会出場校

本日24日に第92回選抜高校野球大会出場校が決定します。

毎日新聞サイト選抜特集

第92回選抜高校野球大会甲子園出場32校

関東東京5校目は関東の花咲徳栄!東海3校目は加藤学園!北信越2校目は日本航空石川!近畿5、6校目は明石商、智弁和歌山!中国四国5校目は広島新庄!

北海道 1校
白樺学園(北海道)

東北 2校
仙台育英(宮城)
鶴岡東(山形)

関東東京 6校(関東4校、東京1校、どちらかの地区から1校)
健大高崎(群馬)
山梨学院(山梨)
東海大相模(神奈川)
桐生第一(群馬)
花咲徳栄(埼玉)

国士館(東京)

北信越 2校
星稜(石川)
日本航空石川(石川)

東海 3校(神宮枠獲得2→3)
中京大中京(愛知)
県岐阜商(岐阜)
加藤学園(静岡)

近畿 6校
天理(奈良)
大阪桐蔭(大阪)
履正社(大阪)
智弁学園(奈良)
明石商(兵庫)
智弁和歌山(和歌山)

中国四国 5校(中国2校、四国2校、どちらかの地区から1校)
倉敷商(岡山)
鳥取城北(鳥取)
広島新庄(広島)

明徳義塾(高知)
尽誠学園(香川)

九州 4校
明豊(大分)
大分商(大分)
創成館(長崎)
鹿児島城西(鹿児島)

21世紀枠 3校(東日本1校、西日本1校、地区に関係なく1校)
帯広農(北海道)
磐城(福島)
平田(島根)

選抜出場校予想

■予想と結果
まず最初に当選発表があった21世紀枠からは高専初の甲子園として近大高専が堅いと
思ったが当選とはならず補欠校へ。1971年夏の甲子園準優勝の磐城だけが予想
が当たった。北海道、東北は順当に当たった。関東東京5校目は強豪復活の期待で
帝京としたが、関東ベスト8で惜敗、県1位で実力評価も高い花咲徳栄が当選。
大方の予想は花咲徳栄だったためあえて違う予想をしてみたが外れた。
北信越大会は決勝の大差が気になったが、日本航空石川当選を予想して的中。
3校目以降に強力にアピールできるチームがなかったようだ。東海3校目の
加藤学園も予想的中。県予選では同じ当落線上にあがった藤枝明誠に負けて
いたのでギリギリだったかもしれない。近畿6校も予想的中。天理、大阪桐蔭、
履正社、智弁学園、明石商、智弁和歌山と面子は過去最強クラスと言って良い。
中国四国最後の5校目広島新庄も的中。中学時代から有名だった福岡の左好投手は
前から期待していたので選抜が楽しみ。九州の4校も妥当な結果になった。
補欠校は北信越で敦賀気比が佐久長聖よりも上位だったことを除いては特に
印象には残らない順番になった。

補欠校(左が上位)

北海道 札幌日大(北海道)
東北_ 盛岡大付(岩手) 仙台城南(宮城)
関東_ 習志野(千葉) 西武台(埼玉)
東京_ 帝京(東京)
北信越 敦賀気比(福井) 佐久長聖(長野)
東海_ 藤枝明誠(静岡) 愛工大名電(愛知)
近畿_ 京都翔英(京都) 奈良大付(奈良)
中国_ 創志学園(岡山) 矢上(島根)
四国_ 岡豊(高知) 新田(愛媛)
九州_ 沖縄尚学(沖縄) 宮崎日大(宮崎)
21世紀枠 伊香(滋賀) 近大高専(三重)

1924年(大正13年)第1回~歴代補欠校

スポンサードリンク